FC2ブログ
-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18 2012

06/17のツイートまとめ

rakuday

ザラ場株価の天底認識のポイントは、このツイッターにてリアルタイムに実況速報配信しています。嘘偽りのない実況速報で、勝っても負けても真実の実況速報です。実践的理論確認ができるツイートです。過去の時系列履歴も見ることができます。http://t.co/D4t4sS3S
06-17 22:23

225mini先物の株価はその時の思惑、気まぐれで動いているものではありません。株価の動きはテクニカルの道筋により動いていることを理解すれば、勝ち越しのデイトレディーリングは可能です。しかも、ザラバでの株価天底の見極めも可能なことです。
06-17 22:19

それ以上になりますと痛手が大きくなりすぎます。せっかく積み上げてきた収益が一度の失敗で大きく減少する状況は精神的にも良くありません。なんとしても極小の損失で抑えたいものです。その日のうちに、あるいは翌日には取り戻すことができる程度の少ない損失で対応したいものです。
06-17 22:17

デイトレードで最も注意をしなくてはならないことのひとつが損切りの対応です。デイトレードの場合、大きな損失を被ると、その損失を取り返すために、大きな金額、労力と時間的な大きなロスを抱えてしまいます。1~2日程度で取り戻せる程度の損失であれば、何とか平常の取引で継続可能ですが。
06-17 22:15

上昇基調への転換初動が認識でき、上昇から下落への転換も予測可能となるスキルです。リスク回避のツールとしても、上昇銘柄発掘のツールとしても役に立ちます。上昇、下落銘柄の初動を察知、リスク回避のマニュアル!http://t.co/K5CEb4eJ
06-17 15:31

スキャルピングはリスクが少ないうちに逃げることができる、安全な方法なのです。重要なのは、売買途中のザラバに、ピンポイントでその売買サインを認識できることができるかどうかになります。ピンポイントでの売買サインの見極め、これが分かればスキャルピングは怖くありません。
06-17 14:51

プロと同じ土俵でスキャルピングをしようとするならそれなりの備えがなければ、勝ち越しのスキャルピングはできないと考えた方が良さそうです。人並みの方法でやっても、勝ち越しは難しいでしょう。やはり特別のマニュアルが必要となります。
06-17 14:49

勝っても負けても、嘘偽りのないリアルタイムザラ場配信。 デイトレード実況速報!はここで行っています。デイトレ初心者、シニアさんへの応援ツイッター。知って得するデイトレード実践的理論確認ツイターはここです。不定期前場ザラ場実況速報ツイッター。
06-17 13:08

デイトレードスキャルピングとスイングデイトレード実況速報の過去の時系列履歴参照サイト、バックテストサイトはこちらです。http://t.co/D4t4sS3S デイトレード初心者、シニアからのデイトレ参入者歓迎です。勝ち越しデイトレの醍醐味を習得してください。
06-17 13:03

少ない資金で同じ銘柄を、同じ資金で何回もデイトレードできるデイトレード。しかもパターン認識でOK!エコデイトレ! シニアー世代にも対応! http://t.co/e7Lq7dC2
06-17 12:07

ザラ場実況速報のデイトレード手法公開! シニアー世代の手習い、デイトレードスキャルピングテクニック習得はここのツイッターで確認できます。実践的理論確認ができるツイッター。嘘偽りのない実況速報配信でデイトレードのポイントが確認できます。
06-17 12:06

RT @investudy: 「保ち合い放れにはつけ」売りと買いが拮抗し長期間、株価が一定の範囲内で小幅な値動きを繰り返したり、値動きをほとんどしないことを保ち合いと呼びます。「もみあい放れの上っぱなれ」に買いで向かえば短期で大きなを儲けを期待できるということを教えています。
06-17 12:05

RT @investudy: 多くの方が投資を危険なものと考えています。でも、投資自体は危険ではありません、危険なのは投資の知識がないままに投資をコントロールできないことです。投資をコントロールするには知識がなければいけません。
06-17 12:01

http://t.co/5ukfI19I 50代からの手習いで10万円の資金を一年間で、100万円収益確保のシナリを構築する。スロースキャルピング『楽勝、デイトレード攻略』法とは。http://t.co/xaL874Ah
06-17 11:56

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。